logo
市民の人権擁護の会 日本支部
logo


勉強会告知2010/10/20



関係者各位

 第三回勉強会開催のご案内
「いのちを守る〜心の健康対策に関連して」

前略

今年度から、理解ある議員関係者の協力の下、国会の議員会館で勉強会を開催しております。明後日水曜日には、衆議院第一議員会館の多目的ホールで開催します。

今回の会場は広いため、議員関係者のみならず、関心のある方々にも参加できる形に急遽変更しました。

4月から始めたこの勉強会も今回で3回目になります。勉強会をきっかけに、それまで表に出ることがなかった当事者や自死遺族、心ある医療従事者の声、実態を示す調査報告など、重要な情報が関係者に広く知らされるようになりました。その結果、このわずか半年で国の心の健康対策に大きな変化が訪れました。

国は、6月に向精神薬の過剰投与の問題を取り上げ、主要な精神医学会や医師会に対し、自殺につながるような向精神薬の長期大量処方を防ぐよう呼びかける通知を発行しました。9月には、自殺対策の一環として、向精神薬の不適切な処方の大規模な実態調査を始めることを決めています。長年指摘され続けてきた問題でしたが、国がここまで具体的に問題点を認め、対策に乗り出したことは初めてのことです。勉強会を継続し、さらに多くの情報を皆様と共有していく意義を改めて認識した次第です。

多くの国民、特に日本の将来を担うはずの若者が心を病み、自ら命を絶っている現状に対して、多くの方々が危機感を抱いていることと思われます。本気でこの問題に取り組むためには、皆様と正しい情報を共有し、解決策を模索する必要性があると考えております。

当日、外部の方々も議員会館内に入れるよう、手配しております。参加される場合、事前にご連絡いただければありがたいですが、当日直接いらしていただいても大丈夫です。当会のスタッフが待機しておりますので、お声をおかけ下さい。何卒よろしくお願いします。

草々

市民の人権擁護の会 日本支部



日 時 : 2010年10月20日(水) 12:00〜12:50
場 所 :   衆議院第一議員会館 多目的ホール


プログラム

基調報告  市民の人権擁護の会 世話役    小倉 謙  「重要な情報提供〜国の実態調査報告や国連の勧告から」

・重要な情報でありながら、関係者に知られていない調査報告や勧告を紹介

・厚生労働省調査が示す、精神科病院における入院、処遇、死亡の実態

・薬物治療に偏重した日本の発達障害支援に対する国連からの勧告


  特別発表  精神科処方を考える会 世話人   中川 聡  「処方薬による健康被害について〜被害者家族の立場から」

・処方された向精神薬による、いのちを脅かす健康被害の実態を報告

・日本の精神医療に根強く残る多剤大量処方の実態とその危険性

・都立監察医務院が示す、処方薬中毒の衝撃的な実態

・知られざる抗うつ薬の臨床試験結果

・うつ病キャンペーンの誇大広告とその影響
 

E-mail:info@cchrjapan.org





当日、オフィスにお電話をいただいても、スタッフ不在となりますので、 参加ご希望の方は、会場に直接お越しください。


HOME 国際本部日本語サイト リンク Facebook 連絡先:info@cchrjapan.org  


All rights reserved by CCHR JAPAN:連絡先:〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-11-7-7F TEL&FAX:03-3576-1741 E-MAIL:info@cchrjapan.org